广州市财政局关于印发《广州市关于粤港澳大湾区个人所得税优惠政策财政补贴管理暂行办法》日文译本的通知

2019-11-06 19:27:00
税乎
149
2019-11-06 19:27:45
广州市财政局 全文有效
广州市
通用

广州市财政局关于印发《广州市关于粤港澳大湾区个人所得税优惠政策财政补贴管理暂行办法》日文译本的通知

发布时间:2019-11-06

来源:广州市财政局

广州市关于粤港澳大湾区个人所得税优惠政策财政补贴管理暂行办法

広州市の広東省-香港-マカオ大湾区個人所得税優遇政策財政補助金管理試行方法

第一章  总则

第一章  総則

第一条 为建设粤港澳大湾区,规范粤港澳大湾区个人所得税优惠政策财政补贴管理,根据《财政部 国家税务总局关于粤港澳大湾区个人所得税优惠政策的通知》(财税〔2019〕31号)、省财政厅、省税务局《关于贯彻落实粤港澳大湾区个人所得税优惠政策的通知》(粤财税〔2019〕2号),结合广州市实际,制定本办法。

第一条 広東省-香港-マカオ大湾区の建設と、広東省-香港-マカオ大湾区個人所得税優遇政策財政補助金管理を規範化するために、「財政部 国家税務総局の広東省-香港-マカオ大湾区個人所得税優遇政策に関する通知」(財税〔2019〕31号)と廣東省財政廳 廣東省税務局の「広東省-香港-マカオ大湾区個人所得税優遇政策を貫徹実施することに関する通知」(粤財税〔2019〕2号)に基き、広州市の実際状況により、当方法を策定する。

第二条 在广州市实施粤港澳大湾区个人所得税优惠政策有关财政补贴范围、补贴程序和监督检查的,适用本办法。

第二条 広州市で実施する広東省-香港-マカオ大湾区個人所得税優遇政策と関連する財政補助金の補助範囲、補助手順と監督検査は当方法を適用する。

第三条 在广州市行政区域范围内工作的境外高端人才和紧缺人才,其在广州市缴纳的个人所得税已缴税额超过其按应纳税所得额的15%计算的税额部分,给予财政补贴。该补贴免征个人所得税。

第三条 広州市行政範囲内で勤務する境外高級人材と緊急不足人材に対し、広州市で納付済の個人所得税金額が納税要所得の15%を超した部分に対し、財政補助金を支払う。当財政補助金に対しては個人所得税を徴収しない。

第四条 个人所得税税负差额计算,以一个纳税年度为准。纳税年度,自公历一月一日起至十二月三十一日止。

第四条 個人所得税の税金差額の計算は一つの納税年度を基準とする。納税年度は西暦1月1日から12月31日までとする。

粤港澳大湾区个人所得税优惠政策财政补贴每年补贴一次,于次年的个人所得税汇算清缴之后受理、发放。

広東省-香港-マカオ大湾区個人所得税優遇政策財政補助金は年に一回実施し、個人所得税を納付した翌年に年度清算を済ませた後、補助金の申請を受け入れ、支払う。

第五条 本办法的财政补贴按现行财政体制纳入当年预算安排。

第五条 当方法の財政補助金は現行財政体制により同年度の予算配賦に含まれる。

第二章  补贴范围

第二章  補助範囲

第六条 本办法第三条所指的境外高端人才,应符合《广州市境外高端人才目录》标准(2019年标准见附件1)。

第六条 当方法第3条が称する境外高級人材は「広州市境外高級人材目録」標準(2019年標準は添付書類1を参考)に合うべきである。

第七条 本办法第三条所指的境外紧缺人才,应符合《广州市紧缺人才需求目录》(2019年版见附件2),且纳税年度的个人所得税应纳税所得额达到30万元人民币以上。

第七条 当方法第3条が称する境外緊急不足人材は「広州市不足人材需要目録」(2019年標準は添付書類2を参考)に合うべきであり、納税年度の個人所得税納税を必要とする所得が人民元30万元以上に達しなければならない。 

第八条 符合本办法第六条、第七条的境外高端人才和紧缺人才(以下称申请人),还应当同时具备下列条件:

第八条 当方法第6条、第7条の条件に合う境外高級人材と緊急不足人材(下記「申請人」とする)は同時に下記の条件を具備すべきである: 

(一)申请人属于香港、澳门永久性居民,取得香港入境计划(优才、专业人士及企业家)的香港居民,台湾地区居民,外国国籍人士,或取得国外长期居留权的回国留学人员和海外华侨;

(一)申請人が香港、マカオ永久住民で、香港入境計画(優秀人材、専門家、企業家)を取得した香港住民、台湾地区住民、外国国籍者または国外長期居住権を取得した留学帰国人材と海外華僑

(二)申请人纳税年度内在广州市注册的企业和其他机构任职、受雇,或在广州市提供独立个人劳务,且纳税年度内在广州市工作累计满90天,并在广州市依法缴纳个人所得税;

(二)申請人が納税年度内に広州市に登録した企業或いは機構に任職、雇用され、又は広州市で独自個人労務を提供し、納税年度内に広州市で勤務総時間が90日に達し、広州市で法律により個人所得税を納付した場合

(三)申请人在申请财政补贴前三年内,没有重大税收违法案件信息记录,没有虚报、冒领、骗取、挪用财政资金和违反科研伦理、科研诚信等不诚信行为记录,没有列入失信被执行人,没有受到刑事处罚或者责令停产停业、吊销许可证或者执照、较大数额罚款行政处罚等重大违法记录;且申请人对其扣缴义务人的以上行为或记录不负有直接或主要责任,也不担任扣缴义务人的法定代表人或负责人。

(三)申請人は財政補助金を申請する3年前から重大な税収違法案件記録が無く、財政資金を虚偽申告、仮称取得、詐欺取得、横領したり、科学研究倫理と科学研究信用などを違反した不信記録が無く、失信被執行人としての記録が無く、刑事処罰を受けたり、営業/生産一時停止処罰、法人登録証/許可証の取消し処罰、処罰金額が割と大きい行政処罰など重大な違法記録が無く、申請人が税金代納義務者の上記行為と記録に対し直接又は主な責任を負わず、税金代納義務者の法人代表或いは責任者を担当していない場合。

以上记录可通过“信用中国”“信用广州”网站或共享政府信息等渠道查询。

上記記録は「信用中国」、「信用広州」サイト或いは政府情報共有などのルートで検索できる。

第九条《广州市境外高端人才目录》《广州市紧缺人才需求目录》实行动态管理,按照广州市经济社会发展需要,由市科技局、市人力资源社会保障局适时更新发布。

第九条 「広州市境外高級人材目録」と「広州市緊急不足人材需要目録」は動態的管理を実施し、広州市の経済と社会発展需要により、広州市科学技術局、広州市人力資源社会保障局が適時更新して発表する。 

第十条 本办法第三条所指的已缴税额,为下列所得按照《中华人民共和国个人所得税法》规定缴纳的个人所得税:

第十条 当方法第3条が称する納付済税金額は、下記所得を「中華人民共和国個人所得税法」の規定に従い納付した個人所得税を指す。

(一) 工资、薪金所得;

(一) 給料/給与所得;

(二) 劳务报酬所得;

(二) 労務所得;

(三) 稿酬所得;

(三) 原稿料所得;

(四) 特许权使用费所得;

(四) 特許権使用費所得;

(五) 经营所得;

(五) 経営所得;

(六) 入选区级以上政府或政府工作部门、直属机构人才工程或人才项目获得的补贴性所得。

(六) 區級以上政府又は政府部門、政府直属機構の人材工程又は人材プロジェクトに選定され取得した補助金/手当所得。

第十一条 财政补贴根据个人所得项目,按照分项计算(综合所得进行综合计算)、合并补贴的方式进行。

第十一条 財政補助金は個人所得条目によって条目別計算(総合所得は総合計算)、合併補助する方式で実施する。

个人所得为综合所得、经营所得的,其个人所得税已缴税额应以次年办理汇算清缴并补退税后的全年实际缴纳税额为准。

個人所得が総合所得、経営所得である場合、個人所得税の納付済税金額は、翌年の年度清算と補充納税/脱退後の年度実際納付税金額を基準とする。

第十二条 申请人取得本办法第十条所得的,其应享受的广州市年度财政补贴按下列方式计算:

第十二条 申請人が当方法第10条が称する所得を取得した場合、享有すべき広州市年度財政補助金は下記方式によって計算する:

财政补贴=∑(分项分年度的个人所得税税负差额×分项已缴税额占比);

財政補助金=∑(条目別年度別個人所得税差額×条目別納付済税金額比率);

分项已缴税额占比=分项分年度在广州市的个人所得税已缴税额÷分项分年度在中国境内的个人所得税已缴税额。

条目別納付済税金額比率=条目別年度別広州市で納付済の個人所得税金額÷条目別年度別中国境内で納付済の個人所得税金額。

各分项分年度个人所得税税负差额:

各条目別、年度別、個人所得税差額 :

1.⑴居民个人综合所得分项(居民个人综合所得包含工资、薪金所得,劳务报酬所得,稿酬所得,特许权使用费4项):分年度个人所得税税负差额=综合所得的个人所得税已缴税额-综合所得应纳税所得额×15%;

1.⑴住民個人総合所得条目(住民個人総合所得は給料/給与所得、労務所得、原稿料所得、特許権使用費所得など4つの種類を含む): 年度別個人所得税差額=総合所得の個人所得税納付済税金額-総合所得の要納税所得×15%;

⑵非居民个人工资、薪金所得分项:分年度个人所得税税负差额=工资、薪金所得的个人所得税已缴税额-工资、薪金所得应纳税所得额×15%;

⑵非住民個人給料/給与所得:年度別個人所得税差額=給料/給与所得の個人所得税納付済税金額-給料/給与所得の要納税所得×15%;

非居民个人劳务报酬所得分项:分年度个人所得税税负差额=劳务报酬所得的个人所得税已缴税额-劳务报酬所得应纳税所得额×15%;

非住民個人労務所得:年度別個人所得税差額=労務所得の個人所得税納付済税金額-労務所得の要納税所得×15%;

非居民个人稿酬所得分项:分年度个人所得税税负差额=稿酬所得的个人所得税已缴税额-稿酬所得应纳税所得额×15%;

非住民個人原稿料所得:年度別個人所得税差額=原稿料所得の個人所得税納付済税金額-原稿料所得の要納税所得×15%;

非居民个人特许权使用费所得分项:分年度个人所得税税负差额=特许权使用费所得的个人所得税已缴税额-特许权使用费所得应纳税所得额×15%。

非住民個人特許権使用費所得:年度別個人所得税差額=特許権使用費所得の個人所得税納付済税金額-特許権使用費所得の要納税所得×15%;

2.经营所得分项:分年度个人所得税税负差额=经营所得的个人所得税已缴税额-经营所得应纳税所得额×15%。

2.経営所得条目:年度別個人所得税差額=経営所得の個人所得税納付済税金額-経営所得の要納税所得×15%

3.入选人才工程或人才项目获得的补贴性所得分项:分年度个人所得税税负差额=入选人才工程或人才项目获得的补贴性所得个人所得税已缴税额-入选人才工程或人才项目获得的补贴性所得应纳税所得额×15%。

3.人材工程又は人材プロジェクトに選定され取得した補助金/手当所得条目:年度別個人所得税差額=人材工程又は人材プロジェクトに選定され取得した補助金/手当所得の個人所得税納付済税金額-人材工程又は人材プロジェクトに選定され取得した補助金/手当所得の要納税所得×15%

第三章  补贴程序

第三章  補助手順

第十三条 财政补贴每年办理一次,当年度的财政补贴申请于次年7月1日~8月15日受理。

第十三条 財政補助金は年に一回処理し、年度財政補助金の申込は翌年7月1日から 8月15日の間に受入れる。

符合补贴条件而未在规定时间内提出申请的,可在下一年度的补贴申请期限内补办申请。再次逾期的,不予受理和补贴。

補助金申請条件に合うが、決まった期間内に申請していない場合、翌年の補助金申請期間内に補充申請できる。あらためて期間を越した場合、申請を受取らず、補助金を支払わない。

第十四条 申请人个人所得税由扣缴义务人扣缴的,一般由扣缴义务人代为办理财政补贴申请手续。申请人自行申报缴纳个人所得税的,由其本人提出申请。

第十四条 申請人の個人所得税が税金代納義務者により代納された場合、一般的には代納義務者が財政補助金の申込手続きを代行する。申請人が個人所得税を自分で申告し納付した場合、本人が直接申請する。

第十五条  申请财政补贴时需递交下列材料:

第十五条  財政補助金を申請する具備書類:

(一)申请人申领个人所得税财政补贴申请表;

(一)個人所得税財政補助金申請書;

(二)扣缴义务人和申请人承诺配合监督检查,承诺申请人符合本办法第八条第三项规定的承诺书;

(二)代納義務者と申請人が提出した、監督と検査に協力し、申請人が当方法第8条第3条目の規定に合うという保証書;

(三)申请人有效身份证明证件复印件:

(三)有効期間にある申請人の身分証明書写本:

1.外国国籍人士提交护照。

1.外国国籍者は旅券写本

2.香港、澳门永久性居民和赴港澳定居的内地居民提交港澳居民身份证、《港澳居民来往内地通行证》。

2.香港、マカオ永久住民と香港、マカオに定住する内陸住民は香港、マカオ住民身分証明書と「香港、マカオ住民内陸往来通行証」

3.台湾地区永久性居民提交台湾居民身份证、《台湾居民来往大陆通行证》。

3.台湾地区永久住民は台湾住民身分証明書と「台湾住民大陸往来通行証」

4.取得香港入境计划(优才、专业人士及企业家)的香港居民提交香港居民身份证、香港入境事务处签发的相关签证。

4. 香港入境計画(優秀人材、専門家、企業家)を取得した香港住民は香港住民身分証明書と香港入境事務所が発行した関連査証

5.取得国外长期居留权的海外华侨和归国留学人才提交中国护照、中国身份证、国外长期(或永久)居留凭证。其中,归国留学人才还应当提交教育部留学服务中心开具的《国外学历学位认证书》。必要时,受理单位可以要求取得国外长期居留权的海外华侨和归国留学人才提供住在国中国使领馆出具的长期(或永久)居留权公证书、认证书或住在国驻华使领馆出具的公证书和住在国居留记录。

5. 国外長期居住権を取得した海外華僑と留学帰国 人材は中国旅券、中国身分証明書、国外長期(又は永久)居住証明書類を提出する。留学帰国人材は教育部留学サービスセンターが発行する「国外学歴学位認定書」を同時に提出する。必要の場合、申請を受入れた部門は国外長期居住権を取得した海外華僑と留学帰国人材に、居住権所在国駐中国大使館/領事館が発行する長期(又は永久)居住権公証書、認定書、又は居住権所在国駐中国大使館/領事館が発行する公証書と居住権所在国居住記録を提出するよう、要求することができる。

申请人使用多个不同身份证明登记纳税的,需一并提交相对应的所有身份证明文件。

申請人が異なる各身分証明書で納税登録をした場合、同時に関連身分証明書を全部提出しなければならない。

(四)申请人获国家、省级政府、广州市认定的境外高端人才和紧缺人才有关荣誉证书、聘书、确认函、证明函、认定文件,或执业资格证、职称证、技能证、外国人工作许可证(或许可通知)等材料复印件。

(四)申請人が取得した国家、省級政府、広州市が認定した境外高級人材と不足人材の関連名誉証明書、招聘書、確認書、証明書、認定書、又は公認資格証、職務証、技能証、外国人勤務許可証(又は許可通知)等書類の写本

(五)申请人在广州市的年度工作天数是否达到累计90天的材料:

(五)申請人が広州市で年度勤務総時間が90日に達する証明書類:

1.申请人因工作关系而在广州市注册的企业和其他机构任职、受雇的,提供:

1.申請人が仕事関係で広州市に登録した企業とその他の機構に任職又は雇用された場合、下記の書類を提出する:

⑴申请人与扣缴义务人所签订的劳动合同(劳动合同约定的工作地点为广州市内);该申请人属由境外雇主派遣的,该申请人的中国境外雇佣公司与广州市接收企业签订的派遣合同;

⑴申請人と税金代納義務者が締結した労務契約書 (労務契約書に約定された勤務地は広州市内に位置); 申請人が境外雇用主から派遣された場合、申請人の中国境外雇用会社と広州市の受入れ企業が締結した派遣契約書;

⑵申请人在广州市的年度工作天数达到累计满90天的承诺书。

⑵申請人が広州市で年度勤務総時間が90日に達するという保証書

2.申请人因工作关系而在广州市提供独立个人劳务,须提供:

2.申請人が仕事関係で広州市で独自に個人労務を提供した場合、下記書類を提出する:

⑴申请人与在广州市设立的企业、机构所签订的劳务合同;

⑴申請人が広州市に設立した企業、機構と締結した労務契約書;

⑵申请人在广州市的年度工作天数达到累计满90天的承诺书。

⑵申請人が広州市で年度勤務総時間が90日に達するという保証書

(六)申请人年度个人所得税纳税记录及个人所得税扣缴申报表、个人所得税年度自行纳税申报表、个人所得税经营所得纳税申报表等申报表。

(六)申請人の年度個人所得税納税記録と個人所得税代納申告書、個人所得税年度自動納税申告書、個人所得税経営所得納税申告書など申告報告書

(七)申请人本人在中国内地开户的银行账号资料,申请人收款账号存折或银行卡复印件。

(七)申請人本人が中国内陸で開設した銀行口座情報、財政補助金を受領する預金通帳又は銀行カード写本

上述材料第一项填报表格一式四份,其他全部一式一份。申请材料需加盖扣缴义务人公章和侧面骑缝章。

上記書類の中、(一)の書類は1式4部、その他は1式1部を提出する。申請書類は税金代納義務者の公印と側面割印を捺印すること。

第十六条 申请人或扣缴义务人向市人力资源社会保障局、市科技局共同使用的网办系统提出财政补贴申请,属于广州市境外高端人才的,由市科技局负责办理;属于广州市境外紧缺人才的,由市人力资源社会保障局负责办理。

第十六条 申請人又は税金代納義務者は広州市人力資源社会保障局と広州市科学技術局が共同に使用するインターネットサービスシステムへ財政補助金を申請する。広州市境外高級人材の場合、広州市科学技術局が受入れ処理し、広州市境外緊急不足人材の場合、広州市人力資源社会保障局が受入れ処理する。 

受理审核部门应核对提交的申请个人所得税财政补贴资料是否齐全。符合条件且资料齐备的,予以受理,并开具受理回执。

受入れ審査部門は申請人が提出した個人所得税財政補助金申請書類の完備を確認し、書類が完備された場合受入れ処理をし、受入れ証明を発行する。

第十七条 受理审核部门完成申请个人所得税财政补贴资料初审后,相关人才认定或管理部门、国家税务总局广州市税务局等应开展协助审核工作。审核完成后,受理审核部门应将拟给予财政补贴的人才名单在本部门网站公示7个工作日。

第十七条 受入れ審査部門が個人所得税財政補助金の申請を初歩的に審査した後、人材認定と管理関連部門、国家税務総局広州市税務局などは協力審査をする。審査後受入れ部門は財政補助金支払い予定名簿を同部門のサイトに勤務日で7日間公示する。

第十八条 对经审核和公示的人才无异议的,受理审核部门形成正式财政补贴名单,通过市财政国库集中支付系统将财政补贴直接拨付至申请人的个人账户。

第十八条 審査と公示を経て異議のない人員に対して、受入れ審査部門は財政補助金受領人最終名簿を作成し、広州市財政国庫集中支払システムを通じて直接財政補助金を申請人の個人口座に支払う。

第四章  监督管理

第四章  監督管理

第十九条 申请人和扣缴义务人应如实提供申请材料,并对申请材料完整性、真实性和准确性负责。对于虚报、冒领、骗取财政补贴资金的行为,一经查实,收回已安排的财政补贴,取消该申报人三年内申请财政补贴的资格,并依据《财政违法行为处罚处分条例》(国务院令第427号)等法律法规予以处理,涉嫌犯罪的,移交司法机关依法追究刑事责任。

第十九条 申請人と税金代納義務者は事実通りに申請書類を提出し、申請書類の完備、真実と正確性に対して責任を取る。財政補助金を虚偽申告、仮称取得、詐欺取得した行為に対しては、事実が明らかになる次第、支払った財政補助金を回収し、当申請人の財政補助金申請資格を3年間取消し、「財政違法行為処罰処分条例」(國務院令第427号)等の法律規定により処理し、犯罪に属する場合には司法機関に移送し、法律により刑事責任を追究する。

第二十条 申请人和扣缴义务人应自觉接受财政、审计等部门对个人所得税财政补贴资金情况的检查监督。

第二十条 申請人と税金代納義務者は財政、会計監査などの部門の個人所得税財政補助金資金状況に関する検査と監督を自覚的に受ける。

第五章  附则

第五章  附則

第二十一条 本办法自2019年1月1日起施行,试行一年。申请人申请补贴的所属纳税年度在本办法有效期内的,适用本办法。

第二十一条 当方法は2019年1月1日から施行し、一年間試行する。申請人が財政補助金を申請する納税年度が当方法の有効期間に属する場合、当方法を適用する。

附件:1.《广州市境外高端人才目录》(2019年标准)

添付書類:1.「広州市境外高級人材目録」(2019年基準)

2.《广州市紧缺人才需求目录》(2019年版)

2.「広州市緊急不足人材需要目録」(2019年版)

3. 广州市关于粤港澳大湾区个人所得税优惠政策财政补贴单位申请表及承诺书

3. 広州市の広東省-香港-マカオ大湾区個人所得税優遇政策財政補助金に関する企業申請書と保証書

4. 广州市关于粤港澳大湾区个人所得税优惠政策财政补贴个人申请表及承诺书

4. 広州市の広東省-香港-マカオ大湾区個人所得税優遇政策財政補助金に関する個人申請書と保証書

5. 独立个人劳务-个人声明模板

5. 独立個人労務-個人声明見本

(日文译文仅供参考,政策准确含义请以中文版本为准。政策の正確な解析は中国語バージョンを基準とするので、日本語バージョンはただ参考にしていただきます。)

附件: